航空券の種類とは

海外または国内旅行などで飛行機を使いたいという時には航空券を購入する必要がありますが、種類はとても豊富です。
たとえ同日で同じ飛行機に、そして場所も同じというのにそれぞれが同様の料金ということではないということを理解しなければなりません。
それは航空券が色々な種類があるということなのです。


様々な航空券がありますが、一般的に普通の航空券となっているのが定価で売られているもので330日前より予約を行うことができます。
発券については飛行機に乗る直前になっても有効となっていて、変更や取り消しも全く問題ありません。
発行日から1年間は有効になっていて、予約の変更や経路の変更、そして航空会社を変更したり払い戻しをしたいという対応も可能となっています。
制限が無いだけに料金が割高となっていますが、年間を通して一定しています。
座席によって格安になることもあります。


他にもPEX航空券という国際航空会社が設定する共通の運賃で乗れる航空券がありますが、格安で購入できる航空券もあります。
これはパッケージツアーを計画している旅行会社が提供している航空券で、団体運賃のものをバラ売りで販売しています。
定価はないのですが、航空会社によって料金が大きく異なります。
多くの種類があったり、制限が厳しくなっていますので気をつけないと購入することができません。
そして時としてキャンセルが効かない可能性もありますので、航空券はしっかりと選択をしなければなりません。

Copyright © 2014 航空券のキャンセルについて All Rights Reserved.